ヴァージン・アトランティック航空、ボーイング747-400型機を退役 従業員3,150人の削減も計画

2020年5月6日 水曜日 12:28 午前

ヴァージン・アトランティック航空は、ボーイング747-400型機全7機を退役させた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う事業再構築プランを発表し、明らかにした。

ヴァージン・アトランティック航空では、新型コロナウイルスの感染拡大以前の状況に回復するまで、最大3年を要すると予測しており、コストを削減し、可能な限り多くの雇用を守るため、資金調達のためのあらゆる手段を模索するとしている。3,150人の雇用削減を計画しており、労働組合と連携して全社的な協議を開始する。ロンドンのガトウィック空港からは撤退し、ヒースロー空港に移管する。

ボーイング747-400型機の退役に伴い、機材は36機体制となる。計画通り、エアバスA330-200型機4機は2022年はじめに退役させる。

ヴァージン・ホリデーズはヴァージン・アトランティック・ホリデーズにブランドを変更する。ヴァージン・アトランティック・カーゴは必要不可欠なサービスを維持する。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内