ボーイングとFAA、737 MAXのシミュレーションによる評価を完了

2019年11月15日 金曜日 12:30 AM

ボーイングは、アメリカ連邦航空局(FAA)と合同で実施した、ボーイング737 MAXのソフトウェアシステムが正常に機能を実行するかについて、シミュレーションによる評価が完了したと発表した。

ボーイングは、737 MAXが運航を再開するために必要な5段階を設定しており、今回の評価はその第1段階となっている。今後、FAAのパイロットによる認定飛行などの段階を経て商用飛行の再開を目指す。

FAAによる飛行の認可と航空会社への機体の引き渡しの再開は12月、商用飛行を再開するための訓練要件の確認完了は2020年1月になる可能性があるとしている。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内