エアアジアグループ、2019年第1四半期の搭乗率は88% エアアジア・ジャパンは80%

2019年4月27日 土曜日 8:17 AM

エアアジア・ジャパン

エアアジアグループは、2019年第1四半期(1月〜3月)の利用実績を公表した。エアアジア・ジャパンの搭乗率は80%だった

2017年10月から12月までは64%、2018年1月から3月までは79%、同4月から6月までは79%だった、同7月から9月までは89%、同10月から12月までは72%だった。供給座席数は94,051席で80%、搭乗者数は117,720人で79%、それぞれ前年同期と比べて上昇した。

名古屋/中部〜札幌/千歳線を2017年10月29日より1日2便で就航、2018年7月20日から1日3便に増便した。今年2月には名古屋/中部〜台北/桃園線を1日1便で就航し、機材数はエアバスA320型機を1機受領し、計3機を運航している。

グループのその他の航空会社の搭乗率は、マレーシアのエアアジアは87%、インドネシア・エアアジアは87%、エアアジア・フィリピンは91%、タイ・エアアジアは90%、エアアジア・インディアは89%となった。グループ全体では88%となり、前年比で1%増加した。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内