JAL、国際線で403便を追加減便 アメリカやアジア路線で減便

2020年4月3日 金曜日 2:12 午後

日本航空(JAL)

日本航空(JAL)は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、3月29日から4月30日までの国際線で、一時運休や減便を追加決定した。

アメリカ路線全体で減便を追加するとともに、東京/羽田〜ロンドン・バンコク・香港・台北/松山・ソウル/金浦線と東京/成田〜クアラルンプール・ジャカルタ・マニラ・ハノイ・ホーチミン線で減便を追加する。東京/成田〜ソウル/仁川線では臨時便を追加設定する。4月10日以降、日本とハワイを結ぶ路線は全て運休となる。影響路線と便数は26路線403便。

これにより、期間中の運航便数は782便となり、当初の計画より85%減となる。さらなる減便も検討している。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内