デルタ航空、太平洋路線65%削減 雇用凍結や経年機退役

2020年3月10日 火曜日 9:57 午後

デルタ成田

デルタ航空は、新型コロナウイルスの感染拡大による需要の減少に対応し、供給量を全体の15%削減する。

太平洋路線を65%、大西洋路線を15%から20%、アメリカ国内線を10%から15%、中南米路線を5%削減する。これにより、国際線は20%から25%、アメリカ国内線は10%から15%、供給量を減少させることになる。

デルタ航空では、全社的な雇用凍結を実施し、従業員には休暇オプションを提供する。機体の運航停止や、経年機の早期退役などによる、コスト削減にも同時に取り組む。また、燃油価格の下落により、年間で約20億米ドル、費用が抑えられるとした。自己株式の取得や設備投資も凍結する。

エド・バスティアン最高経営責任者(CEO)は声明で、強固な財務基盤であることを強調し、急速に変化する課題に適切に対処する方針を示した。

すでに日本線のうち7路線で、運休や減便を発表している。6路線を減便し、大阪/関西〜シアトル線の季節定期便の運航を、今夏スケジュールは取りやめる。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内