エアバス、シンガポール航空のA380型機の最初の客室改修を完了

2019年6月21日 金曜日 9:47 午前

エアバスは、シンガポール現地時間6月18日、シンガポール航空が保有するエアバスA380型機14機の客室改修のうち、最初の機体の改修を完了した。

SIAエンジニアリング・カンパニー(SIAEC)とエアバス・サービスが協力して実施したもので、2017年11月に大規模な客室改修プログラムを発表していた。最近納入された5機のA380型機と同様の客室を装備する。

客席は、2階部分にスイート6席、ビジネスクラス78席、1階部分にプレミアムエコノミークラス44席、エコノミークラス343席の計471席を配置している。

エアバス・サービスがサービス・ブリテン(SB)と客室部品の納入を担当しているほか、エアバスは設計や技術的知識の提供を行い、サポートする。残りの13機は、SIAECと、SIAECとエアバスが出資するヘビー・メンテナンス・シンガポール・サービシーズが担う。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内