ルフトハンザ、エコノミーで最大4席利用できる「Sleeper’s Row」を提供 長距離路線対象、最大229ユーロ

ルフトハンザ・ドイツ航空は、「Sleeper’s Row(スリーパーズロウ)」の提供を8月2日より開始する。

対象となるのはサンパウロ、ロサンゼルス、シンガポール行きで、3席もしくは4席の列全体を利用できる。ビジネスクラスと同品質の枕や毛布、マットレス、横たわった状態でも着用できる特別なシートベルトも用意する。事前搭乗のサービスも提供する。

極東、アメリカ西海岸、中南米、南アフリカなどを結ぶ約11時間以上の長距離路線で提供する。追加料金は1区間あたり159〜229ユーロ。1フライト最大3つ提供する。事前予約はできず、搭乗手続き時もしくは搭乗口で購入できる。

ルフトハンザ・ドイツ航空では、2020年末にフランクフルトとサンパウロを結ぶ路線で数週間に渡ってテストを行ったところ、乗客から肯定的なフィードバックを受け、高い需要があったとしている。

詳細はこちら