大型の台風9号は非常に強い勢力に発達、沖縄・奄美では厳重警戒

2020年8月31日 月曜日 10:47 午後

台風9号経路図(31日午後9時)

台風9号経路図(31日午後9時)

気象庁は、31日午後9時の観測で、沖縄本島地方に接近中の大型の台風9号が非常に強い勢力に発達したと発表した。

「非常に強い」勢力は、最大風速が44メートル以上の台風を示す。最も強い「猛烈な」勢力(最大風速54メートル以上)の次の強さ。

未明から明け方にかけて沖縄本島地方に最接近 厳重警戒を

今後の沖縄地方の天候(沖縄気象台)

今後の沖縄地方の天候の見通し(沖縄気象台)

気象庁や地元の気象台によると、大型で非常に強い台風9号は、発達しながら北上し、9月1日未明から明け方にかけて沖縄本島地方に最も接近する見込み。重大な災害が発生するおそれがある。

沖縄地方では非常に強い風が吹いており、沖縄本島地方と宮古島地方では、すでに暴風となっている。沖縄本島地方では、1日はさらに風が強まって、一部の住家が倒壊するおそれもある猛烈な風の吹く所がある見込み。予想される最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。

風が強まる前に頑丈な建物の中に移動するとともに、屋内では窓から離れるなど、暴風に厳重に警戒するよう呼びかけている。

また、うねりを伴った高波、大雨、高潮にも厳重に警戒するよう呼びかけている。特に沖縄本島中南部では、過去最大級の高潮となるおそれがあり、高潮と重なり合った高波による浸水などにも厳重な警戒を呼びかけている。

台風9号(左)と熱帯低気圧(右)

台風9号(左)と熱帯低気圧(右)

台風9号は、沖縄本島に接近後、東シナ海を北上して次第に進路を東寄りに変えて、2日から3日にかけて九州に接近するおそれがある。

一方、小笠原近海には熱帯低気圧があり、24時間以内に台風に発達する見込み。2つの熱帯低気圧(または台風)が接近すると「藤原の効果」とよばれる複雑な動きをし、予測が難しい状況になることもある。

航空会社は、1日に沖縄を発着する大半の便の欠航を決めた。2日の九州地方を発着する便の一部でも特別対応を実施する。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内