ポーランド政府、国際線全便停止 15日から外国人入国禁止

2020年3月14日 土曜日 1:44 午後

外務省海外安全ホームページ

ポーランド政府は、一時的にEU加盟国との国境を復活させる。3月13日にモラヴィエツキ首相が記者会見を開き、新型コロナウイルスの「感染脅威事態」として実施を発表した。

3月14日から10日間、全ての国境地点で国境審査と体温測定などの衛生検査を実施する。国境審査は状況に応じて延長する場合がある。

また、3月15日午前0時から外国人の入国を一時的に禁止する。配偶者や子供がポーランド国籍の人、ポーランド・カード保有者、永住権や滞在許可証・労働許可証保有者は除外される。全ての国際線旅客便、国際鉄道を停止する。ポーランド国民は航空便のチャーター便もしくは陸路での入国に限る。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内