イタリア当局、大半の空港を閉鎖 空港の運用制限、ローマ/フィウミチーノは一部ターミナル閉鎖

2020年3月13日 金曜日 9:28 午前

イタリア運輸省

イタリア政府は、国内の空港の運用を制限し、大半の空港を3月25日まで閉鎖する。

発着ができるのは、アンコーナ、バーリ、ボローニャ、カリアリ、カターニャ、ジェノバ、ラメツィア・テルメ、ランペドゥーサ、ミラノ.マルペンサ、ナポリ/カポディキーノ、パレルモ、パンテッレリーア、ペスカーラ、ピサ、ローマ/フィウミチーノ、トリノ。ヴェネツィア/テッセラの各空港

ローマ/フィウミチーノは第1ターミナルを閉鎖し、第3ターミナルに集約する。また、ローマ/チャンピーノを政府専用機や防災、緊急事態対応のために運用する。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内