ドバイ国際空港、スクリーニング強化 通過客も乗継便搭乗前に検査

2020年3月5日 木曜日 9:30 午前

ドバイ国際空港では、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、スクリーニング措置を開始した。

無作為の発熱検査のほか、北京、ベイルート、ローマ、ミラノ、ヴェネツィア、ボローニャ、バンコク、プーケットから到着した乗客には厳重な検査が行われている。ドバイ保健局は問診のためのフォームを配布しており、提出する必要がある。通過客は対象外となるものの、乗継便の搭乗前にスクリーニングを受ける必要がある。

現段階で、アラブ首長国連邦(UAE)当局による、特定の国籍者に対する入国制限は行われていない。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内