セブパシフィック航空、フィリピン国内線を値下げ 観光業界への影響考慮

2020年3月4日 水曜日 3:22 PM

セブパシフィック航空

セブパシフィック航空は、新型コロナウイルスの感染拡大による観光業界への影響を考慮し、フィリピン国内線の運賃を値下げした。

2月19日以降、フィリピンのマニラ、セブ、カガヤン・デ・オロ、ダバオ、イロイロ、サンボアンガ発の70都市を結ぶ路線を対象に、基本運賃を88フィリピンペソに設定する。主要な国内路線では供給座席数を平均44%増やしている。

セブ・パシフィック航空のキャンディス・イヨグ(Candice Iyog)マーケティング/カスタマーエクスペリエンス担当バイスプレジデントは、「困難な時期だからこそ、我々は政府や観光関係者と一体となるべきだと考えております。フィリピン国内の路線網における座席数の増加と運賃の値下げを通じて、フィリピンの皆様がフィリピンを旅行し、さらなるフィリピンの魅力を探索するお手伝いができればと考えております」と述べている。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内