ANAホールディングス、ボーイング787型機20機を追加発注 国内線777の後継機

2020年2月25日 火曜日 3:14 午後

ANA(ボーイング787-10型機)

ANAホールディングスは、ボーイング787型機20機の追加発注を決めた。

ボーイング787-10型機11機とボーイング787-9型機4機を確定発注し、ボーイング787-9型機5機をオプションとして発注した。このうち、確定発注のボーイング787-9型機3機はアトランティス・アビエーションを通じて導入する。国内線で運航している、ボーイング777型機の後継機として、ボーイング787-10型機を2022年度から24年度、ボーイング787-9型機は2024年度から25年度に受領する。いずれもゼネラル・エレクトリック製のGEnx-1Bエンジンを装備する。

国内線の主力機材をボーイング787型機に統一することで、効率性を高める狙いがある。現在運航しているボーイング777型機と比較し、約25%の燃費改善が見込まれ、二酸化炭素排出量や騒音を抑えることができる。

ANAではすでに、ボーイング787型機の3機種を71機運航している。これにより、ANAホールディングスによるボーイング787型機の発注数は、オプションを含めて103機となった。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内