イタリアへの中国からのフライト乗り入れ禁止 香港や台湾からも

2020年2月2日 日曜日 9:22 AM

イタリアの航空当局は、中国本土・香港・マカオ・台湾からのフライトの乗り入れを禁止した。

キャセイパシフィック航空では、2月1日から9日まで、香港〜ローマ・ミラノ線の欠航を決めた。チャイナエアラインも、2月2日から4月28日まで、台北/桃園〜ローマ線を運休する。両社は予約客に対し、代替便を手配する。

イタリア政府は、新型コロナウイルスの感染者が発見されたことから、非常事態を宣言している。ロイター通信によると感染者は武漢からイタリアを旅行中の中国人で、他の12人も隔離されているという。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(3月30日午前10時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(3月27日午後5時現在)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内