新幹線利用で往復1.3万円、出張にも使える”神プラン”出現 超繁忙期に東京発名古屋日帰り往復してみた【コラム】

2019年6月17日 月曜日 2:05 PM

東京発名古屋往復が新幹線利用で約1.3万円…しかも土日やゴールデンウィークにも使え、1名利用も可能。夢のようなプランが、今年の初め頃から一部界隈で話題になっている。

通常の東京・名古屋間の新幹線片道正規料金が1.1万円程度であることを踏まえれば、およそ半額で往復できるということだ。一体どういうことなのだろうか。過去にも東京~名古屋間を格安で移動する方法を取り上げていた弊誌では、実際にこの新たなプランを検証すべく、超繁忙期であるゴールデンウィークに1人日帰り名古屋往復を敢行した。

名古屋に行くのに、目的地は「安城」?

格安で名古屋に行く手段として、JR東海ツアーズが発売している旅行商品「JHT 愛知■日帰り1day豊橋・蒲郡・岡崎・安城・三河安城」を利用する。そう、この商品の目的地は名古屋ではなく「豊橋・蒲郡・岡崎・安城・三河安城」である。

この旅行商品では、利用できる新幹線の区間は、東京発の場合「東京~豊橋間」(三河安城が目的地の場合、東京~三河安城間)。指定席の利用も可能だ。蒲郡・岡崎・安城が目的地の場合、豊橋以西は在来線の利用になる。

JR普通列車

一方、豊橋~名古屋間は、JR東海が特別快速・新快速などが頻発しており、主に2名掛けのクロスシートが装備された車両で運行している。所要時間は約1時間だが、東京圏の近距離電車に比べてはるかに快適だ。

この2つの要素を組み合わせると、東京~豊橋間を新幹線で、豊橋~名古屋間を在来線で移動してしまうというアイデアが浮かぶ。先述の旅行商品で在来線の最西端・安城を目的地にすると、旅行代金は税込12,000円。いつでも同料金、売り切れはなさそうだった。豊橋駅に停車する直通列車であれば、全ての列車を選択でき、発売数の制限もない模様。

これと、安城~名古屋間の往復普通乗車券(470円×2=940円)を組み合わせると、トータル12,940円。東京発名古屋往復新幹線日帰りプランの出来上がりだ。新幹線なのかどうかについては歯切れが悪くなるが…。

ちなみに、東京~豊橋間を新幹線で、豊橋~名古屋間を在来線で移動すると、合計の所要時間は最短約2時間半。最速とはいわないが十分に実用的だろう。

1 2 3 4

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内