JALとガルーダ・インドネシア航空、コードシェア拡大 ガルーダの名古屋/中部・大阪/関西〜ジャカルタ線など対象に

2019年4月24日 水曜日 3:19 PM

日本航空(JAL)とガルーダ・インドネシア航空は、5月8日より共同運航(コードシェア)を拡大する。

新たに対象となるのは、ガルーダ・インドネシア航空が運航する名古屋/中部・大阪/関西〜ジャカルタ線と、JALが運航する東京/羽田〜大阪/伊丹線。4月25日から航空券の販売を開始する。

JALとガルーダ・インドネシア航空は、2018年9月に包括的業務提携に合意し、同年10月28日から、ガルーダ・インドネシア航空が運航する東京/羽田〜ジャカルタ線、東京/成田〜デンパサール線、ジャカルタ〜スラバヤ・ジョグジャカルタ線と、JALが運航する東京/成田〜ジャカルタ線と東京/羽田〜札幌/千歳・名古屋/中部・福岡線を対象にコードシェアを開始している。今後両社は、コードシェアの拡大やマイレージ提携、共同事業の実施も検討するとしている。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内