エアバス、ルフトハンザにA320neo初号機を引き渡し

2016年1月21日 木曜日 1:40 PM

LH320neo

エアバスは1月20日(現地時間)、A320neo初号機を、ルフトハンザ・グループに引き渡した。

引き渡されたA320neoは、プラット&ホイットニー社製の新型エンジン「PurePower Geared Turbofan」を装備。これにより排気と騒音を削減し、既存の航空機よりも現時点で燃費を15%を削減するほか、2020年までには20%の燃費削減を実現する計画。

A320neoファミリーは新型のエンジンと翼端に大型のウイングチップであるシャークレットなど最先端の技術を採用しており、2010年にローンチしてから約80社から約4,500機を受注している。

ルフトハンザ・ドイツ航空は1955年に商業運航を開始し、2015年に創立60周年を迎えた。この間にルフトハンザグループが発注したエアバス機は計582機で、うち386機がA320ファミリー。A380型機も14機を運航するほか、A350XWBも25機発注している。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内