15%

RAC、創立30周年で貨物室拡張型のDHC-8-Q400EC入り記念ロゴ

琉球エアーコミューター,RAC

2015年12月24日に創立30周年を迎えるRAC © Toshio Tajiri/Flight Liner=15年3月

 JALグループの琉球エアーコミューター(RAC)は12月24日に創立30周年を迎えます。節目の年を向かえたことからRACでは「RAC創立30周年検討委員会」を立ち上げ、記念もロゴマークも発表されました。

 30周年記念ロゴマークのテーマは “おおきな「感謝」と「未来」をのせて”。社員からデザインやアイディアを募集し多くの意見を基に、数か月かけて完成したものです。

 今後退役が予定されているボンバルディアDHC8-Q100型機の機体カラーとRACのチャームポイントでもある尾翼のシーサーがメイン。数字の「3」の左下にはこれから導入される貨物室拡張型のDHC-8-Q400ECを入れて現行機と後継機を掛け合わせており、RACがこれから未来に向かって飛び立つ様子をイメージした社員の熱い想いが込められています。

 今後の取り組みとしては南大東・北大東・久米島・多良間島・与那国島の5つの島で小学生・中学生を対象とした航空教室の開催が予定されています。南大東、多良間島はすでに終了しており、その様子は今後ホームページで紹介するとしています。

 RACは1985年12月24日のクリスマス・イヴに設立。2年後には設立当時から保有していたBN-2Bにて路線を開設しました。最初の開設路線は公共施設地図航空から引き継いだ那覇-慶良間線。

 1992年11月には日本トランスオーシャン航空(JTA)の前身「南西航空」から路線を移管し、1997年1月にはDHC-6の後継機となったDHC-8-Q100を導入。Q300による運航は2007年4月から始まりました。

 2016年4月からはDHC-8-Q400EC初号機(機体番号:JA81RC)の運航が始まる見込みです。