濃茶色の重厚空間 新シート搭載のANA国内線777(プレミアムクラス)

全日本空輸(ANA)は、パーソナルモニター付きの新シートを導入した国内線用のボーイング777-200型機を11月16日から就航させる。本稿では、新仕様機のプレミアムクラスを紹介する。

プレミアムクラスには、仏SAFRAN製の電動リクライニングシートが採用された。シート全体の質感や色柄、ファブリックなどが、国内線最上位クラスとして重厚感のあるデザインになっている。また、国内線としては最大となる15.6インチのタッチパネル式パーソナルモニターを備え、ビデオプログラムなど約190コンテンツを利用できる。

PC電源やUSBポート、パーソナルモニター用コントローラー、リクライニング操作パネルは肘掛け下に集約。ペットボトルなどが収納できる小物入れも備えた。

リクライニング操作パネルでは、背もたれ角度、レッグレスト角度・長さを細かく調整できる。

シート幅は約52センチ。窓側・通路側座席では、片側の肘掛け下にスペースを作り、実質約56センチの幅をもたせている。

収納式のテーブルは従来のものより小型・軽量化した。90度回転させることで、テーブルを出したままでも席を立つことができる。また、プライベート空間確保のため、座席間には台形の大型ディバイダー(仕切り)を設置。固定されており、収納することはできない。

この新シートは、ボーイング777-200型機(8機)と同787-8型機(11機)を対象に2022年度上期までに順次導入される。プレミアムクラスの座席数は両機種とも28席。ボーイング777-200型機は現行21席から7席、同787-8型機は同12席から16席の増席となる。

■関連記事
全席電源完備 新シート搭載のANA国内線777【普通席】
ANA、国内線777新仕様機を公開 全席に電源とモニター 11月16日就航

Wi-Fi 最安価格

ハワイ

航空券比較

台湾行き

13,090

  • 旅行好きが集まるコミュニティ!トライシートーク
  • Wi-fi
  • 航空券
Traicy Talk (新着投稿)
  • 東京で静かなルートで観光がしたい
  • 機内食がおいしい航空会社
  • タイのチェンライへ行かれた方
  • ヨーロッパとアメリカの違い
  • 台湾でオススメの臭豆腐屋さんを教えてください!
  • 昔の海外旅行
  • 香港てiPhone購入
  • 18きっぷのルート
  • 香港エクスプレスのセールについて
  • 一週間の自転車旅行に最適なリュック
Traicy Talk(未回答)
  • 何より無くさないようにすることです
  • JALマイレージバンク
  • 参考までに
  • ANAマイレージクラブ
  • イチローが復帰したのでシアトルに行くことにしました。
  • 占いが大好きです。
Traicy Talk(回答有)
  • 歩きまくる一人旅行に必要なものと不必要なもの
  • フルサービスキャリアで飲み物のおかわりは注文しますか。
  • 旅行のきっかけについて
  • 韓国のおすすめアカスリ屋さん
  • STWさんと旅工房さん
  • 無料翻訳アプリ
  • 釜山の電気街
  • ヨーロッパ周遊SIMカードについて
  • 外貨両替は、海外に行く前にしますか。それとも日本でしますか。
  • 今もOPENチケットや格安航空券は存在する??
  • 新着
  • セール
  • 運航情報
  • 旅行情報
  • 乗り物・コラム
  • その他
  • リリース