最安8万円台 ソウル発世界一周航空券を検証する【橋賀秀紀のフカボリ 】

こんにちは。トラベルジャーナリストの橋賀秀紀です。

さて、今回のテーマはソウル発券です。

かつて幾多のマイラーを虜にしてきたこの発券地も、このところ、はたと耳にしなくなったという人は少なくないのではないでしょうか。ウォン高の継続はもちろんのこと、日本人にとって使いやすいソウル発日本国内ダブルストップオーバーの航空券の値上がり、それに加えて格安航空会社(LCC)の普及もまた、ソウル発券にとって逆風となったといえます。日本と韓国間はLCCでかつてより安く飛べることになったため、ソウル発日本国内ダブルストップオーバーの航空券を購入したところで、かつてほどの値打ちがなくなってしまいました。こうした状況の中、ソウル発券の中にも探せば面白いものが見つかります。たとえばこの航空券です。

LATAM(ラタム)航空という名前を聞いたことがあるでしょうか。これはチリの航空会社LAN航空とブラジルの航空会社TAM航空が2012年に合併してできた航空会社です。この航空会社がソウル発南米各都市行きの安い航空券を販売しているのです。訪問都市やルートにもよりますが、最安値では諸税や燃油サーチャージ込みで8万円台からとなる。出発15日前までの予約が必要で、有効期間は3日から1年、ストップオーバーは100米ドルで最大3か所まで可能です。

以下、この航空券の主な注意事項をまとめてみました。

チリの首都サンチアゴ、ペルーの首都リマをはじめとしたチリやペルーの各都市に加えて、ブラジルのサンパウロ、アルゼンチンのブエノスアイレス、パラグアイのアスンシオンなどを目的地として設定できます。面白いのはマチュピチュの最寄りの空港となるペルーのクスコなどへもほぼ同額でカバーできること。目的地をペルーとした場合、首都のリマ行きだけではなく、クスコ・フリアカ(チチカカ湖近くのプーノへの最寄りの空港)、イキトス(アマゾンの中心都市)といった地方都市へもほぼ同額でカバーしている。リマとクスコの間は一番安い航空券でも2万円以上しますから地方都市へ飛んだほうがお得ということになる。ちなみにチリ行きであれば、モアイで有名なイースター島往復も13万円程度から見つかります。イースター島への日本発のフリーツアーだと約30万円もするのでこれは超お買い得といえるでしょう。

ゴールデンウィークや8月のピーク時にも発売している。ただし、トータルの金額はやや高くなりますが、それでも十数万円程度で収まります。

1 2 3 4

橋賀 秀紀(トラベルジャーナリスト)

トラべルジャーナリスト。筑波学院大学非常勤講師。東京都生まれ。海外旅行ガイドブック編集者・航空雑誌編集者などを経て現職。渡航国数は110か国。海外渡航暦は200回以上。 記事の内容についてのお問い合わせ・取材の依頼などについてはhashigahideki@gmail.comまで。

Wifi 最安価格

スペイン

航空券比較

インド行き

29,080