新幹線で初の重大インシデント 台車に亀裂確認

運輸安全委員会は、JR西日本の新幹線車両(N700系)で台車枠の亀裂と継手の変色が確認されたことから、重大インシデントに認定し調査を開始した。

12月11日の博多駅発東京駅行きののぞみ34号で、小倉駅発車時に7号車と8号車付近でパーサーや客室乗務員から「焦げたような臭いがする」との申告があり、車掌による車内点検、岡山駅より車両保守担当社員が添乗して確認したところ、13号車と14号車間で「うなり音」を確認した。走行に支障する音ではなかったため運転を継続したものの、京都駅付近で車掌が異臭を確認したため、名古屋車両所社員が名古屋駅で車両床下の点検を行ったところ、歯車箱付近で油漏れが確認されたため、運転を打ち切った。

同日夜に名古屋車両所に車両を移動させようとしたところ、13号車の第2台車のモーターの回転を車輪に伝達するための継手が変色しているほか、台車枠の亀裂も確認された。

新幹線の重大インシデント認定は初めて。JR西日本では当面の対策として、亀裂があった台車と同じ台車は車両所で異常の無いことを確認して、営業に使用する。

Wifi 最安価格

バリ島

航空券比較

タイ行き

17,997