旅行業界激動の2020年 TRAICYの閲覧数ランキングから1年を振り返る【コラム】

旅行を取り巻く環境が激変した、2020年が終わろうとしている。本誌は、他の報道機関同様、日々変化する情勢を追いながら、ときには独立系トラベルメディアとして、独自の切り口で発信を続けてきた。

新型コロナウイルスによって世界は一変した。海外旅行など、失われたものも多かった。その一方で、苦しい中に希望を見出すべく、さまざまな新しいアイデアが産まれていたのも事実だ。

2020年最後の記事は、そんな新しいアイデアにも目を向けながらまとめてみようと思う。

1〜3月:日を追うごとに変化する新型コロナ情勢

とはいえ、2020年を振り返るにあたっては、中国から広がった、新型コロナウイルス感染拡大により、1月頃から広がった出入国規制を触れないわけにはいかない。

2020年初頭から本誌は、外務省から発信される入国関連の情報を発信していた。当初は各国の出入国制限を発信していたが、制限の数が多くなり、3月12日から制限している国の数をまとめて発信を開始した

それから日を追うごとに制限する国の数が増加。同時並行的に、日本への入国も制限され、事実上の「鎖国」状況に陥った。

約2週間後の3月23日には、ほぼ全世界的に、日本を含む感染確認国・地域からの入国制限を行った記事を配信した。当たり前のようにできていた「海外旅行」が、事実上できなくなった一部始終は、あっという間だった。

筆者も、1月から3月にかけて、複数回海外に渡航。ペルーでは、コロナウイルスを伝える現地メディアの報道を記録していた。3月には、トランプ大統領が緊急事態宣言を宣言するテレビ放送を、アメリカで滞在していた研究機関で眺めていた。今後海外旅行ができない日々が長く続くとは思わずに。

インバウンド需要が蒸発し、国内の観光産業にも暗雲が垂れ込め始めたのもこの時期。箱根地区で旅館を展開する一の湯が、期間限定で1泊2食3,900円で宿泊できる「まじでコロナウイルス勘弁して下さいプラン」を発売し、話題になった(記事ランキング6位)。同社をはじめ、ホテル・旅館を展開する企業が、国内の観光客向けにユニークなプランを販売することが、例年に比べて特に注目された。

4〜6月:緊急事態宣言で「巣ごもり需要」が爆増

新型コロナウイルスの影響で、当時の安倍首相が4月7日に7都府県に緊急事態宣言を行い、16日には対象を全国に拡大。

「STAY HOME」が叫ばれ、外出が思うようにできない中で娯楽を求める「巣ごもり需要」が爆発的に増えることとなった。

5月1日には「石屋製菓、「白い恋人」など1万円相当のお菓子を5,400円で販売 送料込み、売上の一部を寄付」(記事ランキング4位)、5月3日には「六花亭、マルセイバターサンドなど定番23個詰め合わせ「通販おやつ屋さん」を送料込み3,000円で販売」(同5位)を配信。

いずれも販売しているインターネットサイトは繋がりにくい状況に。ゴールデンウィークの旅行が中止になってしまった人が、せめてもの楽しみを求めていた様子が伺える。東京ディズニーリゾートUSJも「巣ごもり需要」に応える動きがあったのも印象的だった。

Go Toキャンペーンは旅行分野に限らず、飲食や商店街、イベント業界への支援も予定されている

また、下半期で盛り上がる「Go To トラベル」の第1報(同13位)は、5月27日に配信。国による国内旅行の補助は、時期尚早との意見もあったものの、旅行業界や旅行嗜好者の注目を集めた。

7〜9月:海外旅行ができない中で、需要が「Go To」に集中

緊急事態宣言が解除された6月から、既報の「Go To トラベル」の詳細が発表になった。日帰り旅行や夜行フェリー、寝台列車利用も支援対象であること(同14位)が報じられると、旅行の選択肢が大きく広がることもあり、盛り上がりをみせた。

Go To トラベルキャンペーンは、7月22日に東京都在住者と東京都への旅行を対象外にして先行開始当初の滑り出しは緩やかであったものの、海外旅行ができない中、国内旅行が注目された。

緊急事態宣言の影響で冷え込んだ需要を喚起する動きも広がった。

東海道新幹線の利用プランを破格の値段で展開したのはJR東海ツアーズ。「のぞみ利用で東京〜大阪往復1万円以下! 「Go To」と「新幹線ひさびさ旅割引」併用で衝撃価格【コラム】」(同10位)や、「東京〜大阪間往復、実質約7,000円! 「Go To」地域共通クーポン開始で東海道新幹線の旅行がさらにお得に【コラム】」(同8位)は関心を寄せる読者が多かった。

国内旅行者に”夢を与えてくれた”のは西日本のJR3社による「どこでもドアきっぷ」だった。「JR3社の特急・新幹線が1日あたり6,000円で乗り放題 「どこでもドアきっぷ」登場」は、SNSでの反響も大きく、本誌記事の閲覧数ランキングで、年間1位を獲得した。さらに、このきっぷに「Go To」割引を適用できる「まさに神割引?「どこでもドアきっぷ」にGo To適用でさらに半額! JR3社3日間乗り放題で実質9,000円に!【橋賀秀紀のフカボリ!】」(同9位)に。このきっぷの販売は終了しているが、再販を期待したいものだ。

10〜12月:地域共通クーポン開始と「Go To」に暗雲

10月1日からは「Go To トラベル」の本格実施。東京発着の旅行の対象除外が解除され、地域共通クーポンの運用が開始された。

当初は、地域共通クーポンについては情報が乏しく、利用の仕方に不明な点が多かった。地域共通クーポンを解説する記事は、8位にランクインした。

秋は台風を除き全国的に気候がよく、紅葉などの季節要素が旅行需要をバックアップ。オンライン旅行会社を中心に割り当てられた「Go To」の給付金枠が上限に達するところも。この状況を解説した記事は関心が高く、3位にランクイン。

順調に「Go To トラベル」のキャンペーンが運用されていたが、秋の深まりと共に感染者数が増加。11月21日に感染拡大地域を対象外にする意向が示された。対象外の旅行に対し、追加徴収を示唆する楽天トラベルについての記事が、記事の年間ランキング2位に入った。

その後、感染拡大に歯止めがかからず、「Go To トラベル」が一斉に停止されたのは周知の通りだろう。2021年1月11日までを予定しているが、再開は不透明だ。2月末までの延長が確定している模様だが、まずは新年に、再開の明るいニュースを聞きたいところだ。

2021年に向けて

TRAICY(トライシー)のランキングを振り返ると、自由な旅が難しい時期に、夢や希望を求める記事が多く閲覧されたことがわかる。

2021年も、旅行に対して難しい状況が続く可能性は否定できない。その中で、再び気軽に旅する兆しが見える1年になることを願ってやまない。本誌がその一助になれば幸いである。

TRAICY年間記事ランキング

1位JR3社の特急・新幹線が1日あたり6,000円で乗り放題 「どこでもドアきっぷ」登場
2位楽天トラベル、「Go To トラベル」対象外地域では追加徴収へ 予約済の旅行の割引額
3位やっと旅行に行けると思ったら販売終了? 「Go To トラベル」給付金枠のナゾ【コラム】
4位石屋製菓、「白い恋人」など1万円相当のお菓子を5,400円で販売 送料込み、売上の一部を寄付
5位六花亭、マルセイバターサンドなど定番23個詰め合わせ「通販おやつ屋さん」を送料込み3,000円で販売
6位一の湯、箱根4施設で「まじでコロナウイルス勘弁して下さいプラン」販売 5月と6月の平日、露天風呂付き客室が1泊2食付き3,900円
7位東京〜大阪間往復、実質約7,000円! 「Go To」地域共通クーポン開始で東海道新幹線の旅行がさらにお得に【コラム】
8位Go To トラベルキャンペーンの「地域共通クーポン」、今日から開始 利用者が知っておきたいこと
9位まさに神割引?「どこでもドアきっぷ」にGo To適用でさらに半額! JR3社3日間乗り放題で実質9,000円に!【橋賀秀紀のフカボリ!】
10位東京〜大阪間往復、実質約7,000円! 「Go To」地域共通クーポン開始で東海道新幹線の旅行がさらにお得に【コラム】

B!