「赤い彗星」のシャアもびっくり? 4倍速、15泊でハイアット最上級会員をゲットする方法とは【橋賀秀紀のフカボリ!】

みなさんこんにちは。トラベルジャーナリストの橋賀秀紀です。

いきなり昔話で恐縮ですが、かつて「ハイアッター」という言葉がありました。今でこそホテルの上級会員だの修行だのというといの一番に挙げられがちなのはマリオットですが、少なくとも2000年代半ばに独走していたのは、おそらくハイアットでした。

なにしろ内容がすごかった。「ファースターフリーナイト(通称:FFN)」というキャンペーンは、世界中のハイアットどこかに2滞在すれば、世界中のほぼすべてのハイアットに無料宿泊できるというとんでもないものだったのです。

当然のことながら、世界中で安いハイアットを探して2滞在しては、貯めた無料宿泊の権利を世界中で最も高い部類のハイアットで泊まる人が多数誕生したわけです。筆者もニュージャージーのハイアットに37ドルで泊まり資格を獲得し、パークハイアット東京やパリ、ミラノなどに無料で宿泊したことがありました。

しかし、そんな逸話もすっかり過去のものとなりました。ハイアットのホテルプログラムは「ゴールドパスポート」から、「ワールドオブハイアット」と名前を変え、いまではすっかりおとなしいプログラムとなってしまいました。

ところが、コロナ禍がその状況を変えました。大人しくしているだけでは、厳しい状況で生き残っていけません。そこで、ハイアットは第一の矢を放ちました。

「ボーナスジャーニー」の登録で2倍カウント

それが「ボーナスジャーニーキャンペーン」です。これは、10月1日から2021年1月15日までの間にハイアットの公式サイトで登録を済ませると、2021年2月28日までの滞在で貯まるポイントが3倍になるうえ、上級会員資格獲得のための宿泊数が2倍(つまり1泊すると2泊分としてカウント)されるというもの。

ハイアットの上級会員制度のうち、事実上の最上級会員はグローバリストです(その上にライフタイムグローバリストがありますが、これは資格獲得のために数千万円単位の資金が必要なのでここでは省略します)。

ハイアットでは、ラウンジアクセスの権利はこのグローバリスト以上にしか与えられていません。ですが、そのハードルが高い。無茶苦茶高い。なんと年間60泊です。年間365日しかないわけですから、6日に1日はハイアットに泊まらないと達成できないという…。

このグローバリストは、スイートルームへアップグレードされる可能性が高いことでも知られています。そのために必要な年間60泊が、「ボーナスジャーニー」によって半分の30泊ですむことになりました。正直これだけでは記事にするほどではありませんでした。30泊でも筆者も含む普通の人には十分ハードルが高いと考えたからです。

1 2 3
B!