中部国際空港のレストラン「M’s Dining」、JAL機内食をモチーフとしたコラボメニューを販売

中部国際空港 JAL機内食

中部国際空港内のレストラン「M’s Dining」は、11月21日から2021年1月31日までの期間限定で、日本航空(JAL)の国際線機内食をモチーフとしたコラボメニューを販売する。

名鉄レストランとJALが共同で考案した特別企画で、空港内の機内食工場でつくられているJAL国際線機内食メニューを、特別にアレンジして仕上げた。空港内の店舗で機内食工場監修メニューが提供されるのは初めてだという。メニューは、和食「牛肉と野菜の旨煮ごはん添え」と、洋食「イエローチキンカレーアジアンスタイル」の2種類で、販売価格は1,500円。どちらも、前菜・サラダ・デザート・ソフトドリンク付き。営業時間は午前11時から午後8時まで。

名古屋鉄道が発売している「Go Toセントレアきっぷ」、名鉄バスが発売している「Go Toセントレアバスきっぷ」の特典である、セントレアスペシャルランチ引換券との引き換えて利用することもできる。