近鉄と大阪メトロ・京阪・南海、ICOCA連絡定期券の利用エリアを拡大

2020年11月21日 土曜日 11:26 午前

ICOCA

近畿日本鉄道(近鉄)と大阪メトロ、京阪電気鉄道、南海電気鉄道では、12月8日からICOCA連絡定期券の利用エリアを拡大する。

近鉄と大阪メトロでは、大阪難波・なんば駅、近鉄日本橋・日本橋駅、大阪上本町・谷町九丁目駅、大阪阿部野橋・天王寺駅、長田駅で連絡するICOCA連絡定期券の利用エリアを近鉄線の奈良エリアを中心に大幅に拡大する。

近鉄と京阪では、鶴橋~JR大阪環状線~京橋駅および近鉄丹波橋・丹波橋駅で連絡するICOCA連絡定期券の利用エリアを近鉄線の奈良エリアを中心に大幅に拡大する。

近鉄と南海では、大阪難波・難波駅で連絡するICOCA連絡定期券を近鉄でも発売を開始する。

対象カードはICOCAとKIPS ICOCA。記念ICOCA(印字できないカード)とSMART ICOCAは対象外となる。発売券種は通勤定期券および通学定期券で、大阪メトロとの小児通勤定期券、障碍者割引定期券と実習用通学定期券は除く。

また、現在発売されている近鉄と大阪メトロ・京阪との連絡磁気定期券は、12月8日から発売をとりやめる。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内