ロンドン・ヒースロー空港の現状、帰国者で混雑も【レポート】

2020年5月18日 月曜日 11:05 AM

皆さんこんにちは、ロンドン在住トラベルライターのさかいもとみです。TRAICYに出てくるのは久々ですが、引き続きよろしくお願いします。

さて、今回は新型コロナウイルスの感染拡大で世界中の航空業界が危機に喘ぐ中、世界有数のハブ空港であるロンドン・ヒースロー空港の現状はどうなっているかについてお伝えします。

街から空港へは地下鉄で行ける

日本で「緊急事態宣言」が出された折、政府や自治体は「欧米のようなロックダウンはしない」としきりに言っていました。そんな状況なので、「イギリスに住む人は全く家から出られないじゃないか?」と思っている人は多いと思います。

実は、一度もそんなキツい外出禁止令はなく、買い物にはいつでも行けますし、その気になれば空港へも地下鉄で行けます。

ただ、3月中旬からしばらくは本当に危険でした。下手に出歩くと「どこでコロナをうつされるかわからない」という状況が続き、乗り物でどこかに行こうなどとは全く思いませんでした。

今回のレポートは、イギリス政府が「ちょっと遠い公園の散策に出かけるのはかまわない」といった規制の緩和を行った(5月13日)のを受けて空港を訪れた時(同15日)のものです。

T5駅で降りたのは筆者だけ

ヒースロー空港へはロンドン中心街から地下鉄で45〜60分で着きます。新型コロナウイルス影響による相次ぐフライトキャンセルで、4つある稼働中のターミナル(T2、3、4、5)のうち、現在はT2とT5のみ使われています。

約10〜15分間隔で走る空港行き地下鉄は、T123駅経由でT5駅まで行くので、まずは終点まで向かいました。T123駅で搭乗客と思われる下車客は3人、こりゃひどい、と思いつつT5駅で降りたら、なんと自分以外の誰もいませんでした。

T5の出発便はほとんどなし

平日午後遅めの時間に訪れましたが、その日飛ぶフライトは、ブリティッシュ・エアウェイズとイベリア航空の数本を残すのみ。夕方にかけては国際線、国内線各1便しかなく、出発ターミナルの見えるところに乗客とスタッフ合わせても10人くらいしかいない。こんなにひどい状況とは想像できなかったです。試しに到着階に回ってみましたが、こちらも見事に人がおらず。

ドラッグストアを覗いたら、市中では品薄だった消毒ジェルがあったのが成果といえば成果でした。

1 2 3

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内