JR西日本、駅係員の新型コロナ感染確認 和歌山線橋本駅

2020年4月28日 火曜日 5:50 午後

JR西日本ウェブサイト

JR西日本は、和歌山線橋本駅に勤務する社員の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。

感染が確認されたのは駅係員の50代男性。本人の発症はなかったものの、同居家族に陽性が判明したためPCR検査を受けたところ、4月26日に感染が確認されたという。

男性は4月19日から22日までは休みで、23日から25日はマスクを着けて勤務していた。客との濃厚接触の情報はないという。勤務先の橋本駅は事務室を含め、消毒作業をすでに実施している。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内