スターフライヤー、4月1日~7日の運航計画を発表 国内線の減便と国際線の運休継続

2020年3月29日 日曜日 10:02 午後

スターフライヤー(エアバスA320型機)

スターフライヤーは、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月1日から7日までの間も、引き続き国内線を減便し、国際線を運休する。

国内線は東京/羽田~北九州線を1日3往復、東京/羽田~福岡線を1日1往復、名古屋/中部~福岡線を1日2往復減便する。国際線は名古屋/中部・北九州〜台北/桃園線どちらも引き続き運休する。

予約客には、国内線は払い戻しか振替、国際線は払い戻しに応じるとしている。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内