山陽・北陸新幹線で社員間通話アプリ導入 セキュリティ強化へ

2020年3月19日 木曜日 11:38 午前

JR西日本は、山陽新幹線・北陸新幹線における車内セキュリティ向上のため、社員間のグループ通話アプリを導入する。

対象は、新幹線の運行に関わる車掌、客室乗務員、運転士、指令員、車内販売員、車両保守担当社員、警備員。各社員の業務用端末を使用し、通話グループ内で一人の社員が情報発信すれば一斉に情報共有される。導入台数は約1,000台。

JR西日本は、関係社員間で迅速なグループ通話ができるため、異常時における円滑な情報共有・連携が可能となるとしている。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内