シンガポール航空、供給能力の半分を削減 ゴーCEO「悪化の速度は加速すると予想」

2020年3月18日 水曜日 6:05 午前

シンガポール航空(ボーイング787-10型機)

シンガポール航空は、新型コロナウイルスの感染拡大による需要の減少を鑑み、当初予定していた供給能力のうち、半分を削減する。

ゴー・チュンポン最高経営責任者(CEO)は、「我々は非常に短期間に大量のトラフィックを失っており、現在のネットワークを維持することは現実的ではない。間違いなく、悪化の速度は加速すると予想される。シンガポール航空グループは、長期に渡る困難に備えなければならない。」として、流動性の確保や労働組合との協議などを行うことを明らかにした。

欠航便の詳細は、3月18日にシンガポール航空のウェブサイトで発表する。欠航となったフライトの航空券は、2021年3月31日までに旅行を完了する必要がある、オープンチケットとなる。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内