JR埼京線、十条駅周辺1.5キロを連続立体交差化 2031年度完成目指す

2020年3月18日 水曜日 8:24 午前

十条駅

東京都は、JR埼京線十条駅付近の連続立体交差事業に着手することを発表した。

本事業は、十条駅を中心として1,450メートルの区間について鉄道を高架化し、道路と鉄道を連続的に立体交差化するもの。この連続立体交差事業により、6箇所の踏切が取り除かれる。

十条駅も高架化され、2面2線の相対式ホームをもつ駅舎となる。事業期間は2031年度まで。事業費は375億円。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内