JALグループの伊丹空港でのシステムトラブル、過電圧が原因 空港会社がお詫び

2020年3月5日 木曜日 8:41 午後

伊丹空港

関西エアポートは、3月5日午前9時40分頃、伊丹空港で日本航空(JAL)グループのシステムダウンにつながる電源トラブルが発生したとして、お詫びを発表した。

大阪国際空港北ターミナルビル全域の100Vコンセントのアースから過電圧が発生し、このアースを使用した機器に過電圧がかかったことが原因だった。過電圧の発生源であるケーブルを切り離し、約1時間後に正常の電圧に戻った。これにより、32便の乗客1,410人に影響が出た。

関西エアポートでは、「ご利用のお客さまをはじめ、JALグループ様などの空港関係者の皆さまに多大なるご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げますとともに、皆さまに安心してご利用いただけるよう再発防止を進めてまいります。」とコメントしている。

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内