札幌/千歳発オーロラ航空利用の外国人、14日間強制検疫 東京/成田発でも疑わしい乗客がいれば全員14日間検疫

2020年3月3日 火曜日 9:32 午前

オーロラ航空

オーロラ航空の日本発ユジノサハリンスク行き利用者を対象に、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、検疫を実施する。在ユジノサハリンスク日本国総領事館が領事メールで伝えた。

札幌/千歳発ユジノサハリンスク行きでは、乗客の外国人を対象に14日間検疫ポイントに留め置く。

東京/成田発ユジノサハリンスク行きは通常通り運航するものの、機内で配布するアンケートで直近の滞在歴や、新型コロナウイルス感染者との接触履歴、健康状態について回答することが求められ、体温測定が行われる。新型コロナウイルスの重い感染国・地域に最近滞在した履歴がある場合や、症状が認められる場合には検疫の対象となり、14日間検疫ポイントもしくは医療施設に留め置く。中国や韓国のほか、北海道への滞在も対象となるという。

さらに、東京/成田発ユジノサハリンスク行きでは、乗客全員のうち1人でも感染が疑われる人がいた場合、搭乗していた外国人は全員、14日間検疫ポイントに留め置かれる。

いずれも応じない場合、行政罰が科され、強制措置が取られる。

■関連記事
日本からの渡航者や日本人に対する入国・入境制限、入国・入域後の行動を制限している国一覧(4月3日午前6時時点)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、感染症危険情報発出国・地域一覧(4月3日午後5時現在)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内