アラスカ航空のワンワールド入りで何が変わるのか?【橋賀秀紀のフカボリ!】

2020年2月14日 金曜日 12:05 PM

アラスカ航空

みなさんこんにちは。トラベルジャーナリストの橋賀秀紀です。2月13日、アラスカマイラー(アラスカ航空マイレージプランでマイルを貯める人)にとって衝撃的なニュースが飛び込んできました。

アメリカン航空とアラスカ航空、提携強化 アラスカ航空はワンワールド加盟
https://www.traicy.com/posts/20200213144145/

これまで、アライアンスとは距離を置き、独自の提携路線を貫いてきたアラスカ航空がワンワールド加盟を発表したのです。加盟は2021年夏を予定していますが、その前にアメリカン航空とアラスカ航空の提携が強化されることになります。実はアラスカ航空とアメリカン航空のマイレージ提携は2月29日をもって終了することになっていました。それが土壇場となってひっくり返る形となったわけです。

さて、両者の提携ですが、日本人からしてみればアラスカ航空がワンワールドに加盟することに大きなメリットはないでしょう。しかし、筆者のようなアラスカマイラー立場からみると、大きな影響があるといえます。そこでポイントをいくつかまとめてみました。

ワンワールド加盟航空会社以外の離脱

2021年夏にアラスカ航空がワンワールドに加盟すれば、他のアライアンスに加盟する航空会社とのマイレージ提携は解消される可能性が高いと言えます。現在、マイレージプランの提携航空会社のうち、スターアライアンスに加盟しているシンガポール航空と、スカイチームに加盟している大韓航空が該当します。アラスカ航空のマイレージプランのマイルを持っている人は今のうちにこれらの航空会社の特典を利用したほうがよさそうです。

例えば、東京→シンガポール航空ビジネスクラス→シンガポール(24時間以内の滞在)→北京→シンガポール航空ファーストクラスの片道特典が75,000マイル(全区間ビジネスクラスの場合は60,000マイル)で発券できるのはお得な特典といえます。なお、シンガポール航空の新型スイートの特典はアラスカ航空のマイルでは予約することができません(シンガポール航空のクリスフライヤーのマイルでも日本路線の新型スイートは予約が事実上できないので当然といえば当然ですが)。また、5月1日にワンワールドを脱退する予定のラタム航空も、噂通りスカイチームに加盟することになれば同様の扱いとなりそうです。

1 2

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内