関西国際空港、中国・香港・マカオ線が週433便欠航 中国本土線は65%以上

2020年2月12日 水曜日 8:13 AM

関西国際空港(第2ターミナル)

関西エアポートは、関西国際空港を発着する中国本土・香港・マカオ路線の2月10日から16日までの欠航便数が、2月10日時点で、433便にのぼることを明らかにした。

当初は、中国本土線は612便、香港・マカオ・台湾線は262便の運航が予定されていた。内訳は、中国本土線が401便、香港・マカオ線が32便で、中国本土線の約65.5%、香港・マカオ・台湾線の約12.2%が欠航になったことになる。欠航の原因は、全てが新型コロナウイルスに起因するものと断定されているわけではないとしている。

中国・湖北省の武漢が発生源とされる新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中国政府は団体旅行を禁止している。日本の出入国在留管理庁は、2月1日から中国・湖北省に14日以内に滞在歴がある外国人と、湖北省発行の中国のパスポート保有者の入国を、特別な事情がない限り禁止している。

コメントはこちらから

メールアドレスは公開されません。* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内