JR東日本、株主優待券を指定席券売機で利用可能に 1枚で4割引に変更も

2020年2月4日 火曜日 5:02 PM

JR東日本は、2020年度発行の株主優待割引券より、株主優待割引券の割引率を拡大する。

現在は1枚で2割引、2枚で4割引であるものの、1枚で4割引に変更する。さらに、これまではみどりの窓口などの有人窓口での購入に限り利用できたものの、指定席券売機で株主優待券に印字のQRコードを利用することで、乗車券購入できるようになる。

割引の対象となるのは、JR東日本管内の片道普通運賃か、片道の特急・急行・グリーン・座席指定券料金、もしくは双方。新幹線に乗車する場合で、新幹線の改札口を出ずに、同一方向の他の新幹線を乗り継いで利用する場合は一列車として発売する。

株主優待券は、所有株式数1,000株以下では、100株ごとに1枚を発行している。この他に、鉄道博物館や東京ステーションギャラリーなどの入館割引券などがセットになった株主優待サービス券を発行しているほか、株主限定イベントも実施している。

コメントはこちらから

メールアドレスは公開されません。* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内