オリックス不動産、ホテルや旅館を運営する8社を統合 4月1日付で

2020年1月30日 木曜日 10:43 AM

オリックス不動産

オリックス不動産は、ホテルや旅館を運営する傘下の8社を4月1日付で統合する。旅館・ホテル・研修所を運営するブルーウェーブが存続会社となり、社名をオリックス・ホテルマネジメントに変更する。

オリックスグループでは、旅館とホテル22施設、宿泊研修施設4施設を運営している。統合するのはブルーウェーブ、クロスホテルズ、ユニバーサルホテルマネジメント、ヴィータホテルマネジメント、東鳳マネジメント、宇奈月ホテル、函館湯の川ホテル、洗心亭の8社で、合わせて18施設を運営することになる。水族館やサービスオフィスなどの16施設の支援も行う。

サービスや専門性の向上、ガバナンス体制の構築、人材獲得や育成強化、業務集約・標準化などを見込む。

コメントはこちらから

メールアドレスは公開されません。* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内