京浜急行電鉄、「動く案内サイン」の実証実験を開始 駅構内での案内対応を強化へ

2019年10月23日 水曜日 8:04 PM

keikyu_annai_sign

京浜急行電鉄は、羽田空港国際線ターミナル駅でアニメーションを活用した案内サイン「アニメーションライティング誘導システム」の実証実験を、10月21日から11月4日まで実施している。

三菱電機が開発している、灯具やプロジェクターを用いてアニメーション図形を投射する案内サインで、文字を読まなくても直感的に案内を理解できることから、日本語話者ではない訪日外国人利用者が案内を理解しやすくなるほか、床面に投射することで、目線の低い子供などにも気づきやすい案内ができるという。駅の改札口やエレベーター付近など4か所に設置し、効果的な案内ができるか検証する。

京浜急行電鉄は、この他にも、京急ツーリストインフォメーションセンターの設置や多機能翻訳アプリ「駅コンシェル」、錯覚を活用した案内サイン「錯視サイン」を導入するなど、駅構内での案内対応の強化を進めている。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内