関西国際空港、ゴミ箱の状況をセンサーでリアルタイムに把握 回収作業効率化を図る

2019年9月16日 月曜日 10:54 PM

関西エアポートは、関西国際空港第1ターミナル内のゴミ箱センサー実証実験を8月21日から9月20日まで実施している。

国内初の試みとして、山崎産業と協力して実施している。清掃スタッフのゴミ回収作業の効率化を目指すため、空港内の各ゴミ箱にセンサーを取り付けることで、リアルタイムにゴミ箱の状態を把握し回収することができるようになる。さらに、ピンポイントでゴミの量を把握出来ることから、少人数で無駄な動きをせず効率よく回収できるうえ、美観を損なうことなく最適な清掃作業ができるようになるという。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内