インディゴ・パートナーズ、エアバスA321XLRを50機発注へ 出資するLCC3社が導入

2019年6月20日 木曜日 12:24 午後

ウィズエア(エアバスA321XLR)

インディゴ・パートナーズは、エアバスA321XLRを50機発注する覚書を締結した。

発注済みのA320neo、18機を変更するとともに、32機を新たに発注する。これにより、今後636機を引き渡すことになる。

インディゴ・パートナーズは、アメリカのフロンティア航空、チリのジェットスマート、メキシコのヴォラリス、ハンガリーのウィズ・エアの格安航空会社(LCC)4社の株式を保有している。発注した機材は、ウィズ・エアに20機、フロンティア航空に18機、ジェットスマートに12機を割り当てる。

ジェットスマート(エアバスA321XLR)

フロンティア航空(エアバスA321XLR)

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内