エアアジア、エアバスA330-900neoの塗装の模様を公開

2019年4月19日 金曜日 4:53 PM

エアバスとエアアジアグループは、エアアジアグループが初導入する、エアバスA330-900neoのフランス・トゥールーズで行われた塗装の模様を公開した。

タイ・エアアジアXが受領し、6月にも運航を開始する予定。バンコクのドンムアン空港を拠点に、日本を含む中長距離路線で運航する。アジアでのエアバスA330neoの運航はエアアジアグループが初めてとなる見通し。

エアアジアグループは、2014年に55機のエアバスA330neoを発注し、その後に11機、2018年7月にも34機を追加しており、合わせて100機のエアバスA330-900neoを導入する計画。ロールスロイス製のトレント7000エンジンを搭載する。

クアラルンプールからロンドンなどヨーロッパへの運航も可能で、燃料消費量は同程度の旧世代機と比較して25%削減できる。中長距離路線を低コストで運航することができるようになる。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内