ビスタラ、エアバスA320neoを13機追加導入 エアバスと基本合意

2018年7月25日 水曜日 8:09 午前

ヴィスタラ(エアバスA320neo)

インドのヴィスタラは、エアバスA320neoを13機追加導入することで、エアバスと基本合意した。

ヴィスタラは、エアバスA320neoファミリーを21機保有しており、今後リースで37機まで導入を拡大する計画。13機の追加導入で、計50機を導入することになる。エンジンはCFMインターナショナル社製のLeapエンジンを装備する。地域間の国際線を運航することを計画している。

エアバスA320neoファミリーは、新世代エンジンやシャークレットなどを導入し、運航開始から燃費を15%以上、2020年までに燃費20%と騒音の50%を削減するとしている。すでに100社以上から6,100機以上を受注している。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内