パーク24とトヨタ自動車、乗り捨て型カーシェアの実証実験を拡大

2015年10月2日 金曜日 4:05 PM

times

パーク24とトヨタ自動車は、東京都心部で、カーシェアリングサービス「タイムズカープラス」を用いたワンウェイ型シェアリングサービスの実証実験、「Times Car PLUS × Ha:mo(タイムズカープラス ハーモ)」を10月20日から2016年3月末まで実施する。

パーソナルモビリティ「TOYOTA i-ROAD」5台とトヨタ車体製「COMS」25台を使用。貸出・返却ステーションは、利用者アンケートの結果などを踏まえ、パーク24が管理する時間貸駐車場「タイムズ」から主要駅などを中心に新たに30ヵ所程度を選定。車両のコンパクト感を活かして、駐車場内の余剰スペースに設置し、双方向ワンウェイ(乗り捨て)型として運用する。利用対象会員も、「COMS:は法人・個人を問わずタイムズカープラスの全会員を対象とする。利用料金は15分あたり、「TOYOTA i-ROAD」は412円(税込)、「COMS」は206円(同)。

また、トヨタが新しく開発した「Ha:mo」用車両管理システム「OMMS/2(One Mile Mobility Management System/2)」を初採用し、BLEビーコン受信に対応するスマートフォンの利用者は、会員カードの代わりに、車両に設置された車両ビーコンにスマートフォンでタッチを行いキーロックの開錠・施錠ができるなど、より使いやすいサービスを提供する。

詳細はこちら

メールマガジンを受け取る

以下の情報をお届けします
  • 選りすぐりのデイリーニュース
  • メルマガ限定クーポン
  • 激安セール開催の案内