ANA、ボーイング777F公開 搭載重量倍増で輸送力強化へ

777F

ANAホールディングスが日本の航空会社として初めて受領した貨物専用機、ボーイング777F型機がきょう13日、メディアに公開された。

ANAホールディングスは、航空機エンジンや半導体製造装置、リチウムバッテリ-や医薬品などの危険品・特殊品を大量に輸送できる大型貨物機として、ボ-イング777F型機2機の導入を決定。初号機(機体記号:JA771F)は5月24日に羽田空港に到着しており、7月2日から東京/成田~大阪/関西~上海/浦東~東京/成田線で運航を開始する。その後、10月からは東京/成田~シカゴ線に投入する計画。

777F

777F

777F

北米に生息する青い鳥「アオカケス」を意味する「BLUE JAY」の愛称が付けられ、機体左側にはそれをモチーフにしたロゴマークがあしらわれている。機内には、貨物室とコックピットの間に輸送関係者用の座席を4席設置。ギャレー等の設備もあり、機内食も提供できる。

777F

現行のボーイング767F型機と比較して、貨物室の高さは約1.2倍の3メートルに拡張。大型化により、これまで搭載できなかった20フィートパレット(荷役台)に対応し、搭載重量は約2倍の102.01トンとなった。また、実用航続距離は約1.5倍の9,070キロとなり、米東部までノンストップで就航できる。

現在の貨物輸送では、日本〜アジア間にはボーイング767F型機を導入しているものの、日本〜北米間では旅客便のベリースペース(貨物室)を使用しており、アジア各国から日本を経由した北米向けの貨物輸送においては日本〜北米間がボトルネックとなっている。ボーイング777F型機を北米線に投入することで、このインバランスが解消されるという。

ボーイングによると、アジア〜北米間の航空貨物市場は今後20年間で年平均4.6パーセントの大きな成長が見込まれている。ANA Cargoの杉口広取締役は、「777Fを投入することで、しっかりとその成長に乗っていきたい」と意気込みを見せた。

777F

777F

777F

777F

777F

777F

777F

■関連記事
ANA Cargoのボーイング777F、羽田に到着 中国・北米線に投入へ

Wi-Fi 最安価格

ハワイ

航空券比較

フィリピン行き

9,194

  • 旅行好きが集まるコミュニティ!トライシートーク
  • Wi-fi
  • 航空券
Traicy Talk (新着投稿)
  • 機内食がおいしい航空会社
  • ヨーロッパとアメリカの違い
  • 18きっぷのルート
  • 香港エクスプレスのセールについて
  • 昔の海外旅行
  • 一週間の自転車旅行に最適なリュック
  • 台湾でオススメの臭豆腐屋さんを教えてください!
  • ブカレストへの経路について相談です。
  • タイのチェンライへ行かれた方
  • 中国に持っていってはいけないものはありますか。
Traicy Talk(未回答)
  • 何より無くさないようにすることです
  • 参考までに
  • 占いが大好きです。
  • イチローが復帰したのでシアトルに行くことにしました。
  • ANAマイレージクラブ
  • JALマイレージバンク
Traicy Talk(回答有)
  • クアラルンプールの穴場
  • マニラの情報
  • 初めての海外。香港。どこに宿泊するのがおすすめですか?
  • バンコクのホテル選び
  • 安く移動できる方法をおしえてください
  • ロスバゲしました
  • 高雄のオススメ夜市はどこですか?
  • 台湾のお土産に青果を持って帰りたいのですが、可能でしょうか?
  • JGC修行2017
  • 桃園国際05時発関空行き
  • 新着
  • セール
  • 運航情報
  • 旅行情報
  • 乗り物・コラム
  • その他
  • リリース