ルフトハンザ、エアバスA380型機新塗装初号機を「東京」と命名 ミュンヘン拠点に運航開始

ルフトハンザ・ドイツ航空は12月12日、エアバスA380型機の新塗装第1号機(機体記号:D-AIMD)を「Tokyo(東京)」と命名し、運用を開始した。

同機は3週間半に渡る再塗装がアジアで行われた。尾翼のツルは直径6メートルで、機体に記されたルフトハンザのロゴは最大で高さ1.9メートルに達する。塗装には1機当たり約100リットルの塗料が使われている。ミュンヘンを拠点とするエアバスA380型機5機のうちの1機となった。しかしながら、ルフトハンザ・ドイツ航空は日本路線にエアバスA380型機を投入しておらず、日本に飛来することはない。

新ブランドイメージの発表後、新塗装に切り替わった機材は30機目となる。すでに50カ所以上のゲートデザイン、120品目以上の機内の備品の入れ替えを完了している。機体の塗装完了は2025年を予定している。

ルフトハンザ・ドイツ航空のドナルド・ブンケンブルク日本・韓国支社長は、「ルフトハンザのフラッグシップ機の新塗装第1号機が活気あふれる日本の首都の名前を冠することを誇りに思います。ルフトハンザの新塗装は近代化やバイタリティー、進展を象徴しており、これらはすべて世界中の人々が東京を評価している価値でもあります。この機材は今後、東京および日本全国の『空飛ぶ大使』としての役割を担うことになるでしょう」とコメントしている。

詳細はこちら

Wi-Fi 最安価格

ハワイ

航空券比較

台湾行き

10,336

  • 旅行好きが集まるコミュニティ!トライシートーク
  • Wi-fi
  • 航空券
Traicy Talk (新着投稿)
  • 機内食がおいしい航空会社
  • ヨーロッパとアメリカの違い
  • 18きっぷのルート
  • 香港エクスプレスのセールについて
  • 昔の海外旅行
  • 一週間の自転車旅行に最適なリュック
  • 台湾でオススメの臭豆腐屋さんを教えてください!
  • ブカレストへの経路について相談です。
  • タイのチェンライへ行かれた方
  • 中国に持っていってはいけないものはありますか。
Traicy Talk(未回答)
  • 何より無くさないようにすることです
  • 参考までに
  • 占いが大好きです。
  • イチローが復帰したのでシアトルに行くことにしました。
  • ANAマイレージクラブ
  • JALマイレージバンク
Traicy Talk(回答有)
  • クアラルンプールの穴場
  • マニラの情報
  • 初めての海外。香港。どこに宿泊するのがおすすめですか?
  • バンコクのホテル選び
  • 安く移動できる方法をおしえてください
  • ロスバゲしました
  • 高雄のオススメ夜市はどこですか?
  • 台湾のお土産に青果を持って帰りたいのですが、可能でしょうか?
  • JGC修行2017
  • 桃園国際05時発関空行き
  • 新着
  • セール
  • 運航情報
  • 旅行情報
  • 乗り物・コラム
  • その他
  • リリース