エアバスA350-1000型機、マニラに向けて羽田空港を出発

中東とアジアを巡るデモ飛行ツアーの一環として羽田空港に飛来していた、エアバスA350-1000型機がきょう2月14日午後8時半頃、離日した。

エアバスA350-1000型機の日本への飛来は初めてで、きょう2月14日午前0時過ぎにオークランド国際空港から羽田空港に到着。羽田空港にある日本航空(JAL)の格納庫で報道陣や関係者らにお披露目されていた。今回飛来したのは、3機ある試験飛行機の中で完全な客室を装備した1機であるMSN065。ビジネスクラス40席、エコノミープラス36席、エコノミークラス219席を配置している。

この後はマニラのニノイ・アキノ国際空港に寄港し、デモフライトなどを実施する。現地時間16日午後にもニノイ・アキノ国際空港を飛び立ち、拠点であるフランスのトゥールーズに戻る予定。

エアバスA350-1000型機は、エアバスA350XWBの中で最大の機種。胴体はエアバスA350-900型機より7メートル長い。システムや部品は両機種で95%が共通化しているなど、他のエアバス機とも高い共通性を有する。ロールス・ロイス社製のトレントXWB-97エンジンを装備している。主翼やフレームなど約53%が炭素繊維強化プラスチック(CFRP)、高荷重フレームやランディングギア、パイロンがチタンからできており、約70%で最先端材料を使用した。航続距離は8,000海里(14,800キロ)で、東京発では北米全都市、メキシコ、ロンドン、アフリカの一部もノンストップで結ぶことができる。初号機は2月20日にもカタール航空への引き渡しを予定している。

日本の航空会社で唯一、日本航空(JAL)がエアバスA350-900型機を18機、エアバスA350-1000型機を13機発注しており、2019年度から引き渡しが行われる見通し。ボーイング777-300ER型機とボーイング777-200型機の後継機として、エアバスA350-900型機は国内線、エアバスA350-1000型機は国際線に投入する。

■関連記事
エアバスA350-1000型機、12都市を巡るデモ飛行実施 東京にも飛来

Wifi 最安価格

マレーシア(ボル

航空券比較

ドイツ行き

54,115

  • 旅行好きが集まるコミュニティ!トライシートーク
  • Wi-fi
  • 航空券
Traicy Talk (新着投稿)
  • ヨーロッパで安くて便利なシムカード教えて下さい!
  • 次の旅行先のオススメ教えてください
  • 上海外灘付近で安いマッサージ屋さん
  • 機内食
  • マイルでチケットを取るのはどんな感覚ですか?
  • trip.comのホテル予約で大惨事
  • 最近お得な航空券ゲットしてないわぁ
  • 中国(人)の良いところ
  • 中国に持っていってはいけないものはありますか。
  • 極東ロシア・ウラジオストクに興味のある方 集まれ!
Traicy Talk(未回答)
  • 何より無くさないようにすることです
  • ANAマイレージクラブ
  • 参考までに
  • JALマイレージバンク
  • 雑談
  • ロシアにも温泉があると聞いたのですが日本の温泉との違いは何ですか。
  • 占いが大好きです。
Traicy Talk(回答有)
  • ホストファミリーへのおすすめお土産を教えてください
  • 経由地からの航空券を捨てることってできるんですか?
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • 海外旅行に使える便利アプリについて
  • シンガポールで効率良く観光できるスポットは?
  • 旅行系でおすすめのYoutuberっていますか。
  • T mobile オーストリアはEU圏内で使える?
  • 年越しロシア情報
  • ベトナムの観光地の穴場はありますか?
  • 翻訳のしかた
  • 新着
  • セール
  • 運航情報
  • 旅行情報
  • 乗り物・コラム
  • その他
  • リリース