ルフトハンザ、新型ビジネスクラスを2020年より導入  ボーイング777-9型機より設置

ルフトハンザ・ドイツ航空は、2020年より導入するボーイング777-9型機より新型ビジネスクラスを設置する。

最長220センチのフルフラットベッドとなるシートで、シート配列は「1-2-1」と「1-1-1」となり、全席から通路にアクセスすることができる。背もたれは横向きで眠る際に肩部分が沈む構造となっている。これにより背骨がまっすぐに保たれ、身体に負担をかけない理想的な姿勢が維持されるという。プライバシーの向上、収納コンパートメントの拡充、ベッド時の水平スペース拡大など、プライバシーや睡眠時の快適性を考慮した。ワイヤレス技術を活用してスマートフォンとタブレットを充電することや、自身の端末を使って座席の全機能や機内エンターテインメントを制御することもできる。

2018年初頭からは、大陸間長距離線でマットレスを導入するほか、これまでファーストクラスでのみ提供していたセーターもリクエストに応じて提供する。ビジネスクラスでは裏地付きで軽い毛布も用意する。

詳細はこちら

ドイツ Wifi 最安価格

日本-ドイツ行き航空券

日本-ドイツ行き航空券

52,634
Traicy Talk (新着投稿)
  • U国際線韓国乗り継ぎ時間1時間は短いのか?
  • U香港のおすすめ中華料理
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
  • U海外旅行中にあったトラブルについて
  • U米国内で使用できるオススメのSIMを教えてください
  • U昔の海外旅行
Traicy Talk(未回答)
  • 参考までに
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • ANAマイレージクラブ
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • ロシアにも温泉があると聞いたのですが日本の温泉との違いは何ですか。
Traicy Talk(回答有)
  • シンガポールでの日本土産購入箇所について
  • オープンジョー
  • 香港~マカオの行き方
  • ホテルをお得に泊まるには?
  • JGC修行2017
  • Tripair(トリペア)で航空券購入