その噂は本当か? ”日本最低評価の宿”に泊まりに行ってみた【レポート】

ラグジュアリーなシティホテル、老舗温泉旅館、リゾート地の高級ヴィラ…。宿泊予約サイトのクチコミ評価では、サービス・設備・食事などが高評価で5点満点の宿泊施設は数あれど、世の中にはその真逆をいく低評価施設も存在する。よくある地方のビジネスホテルは評価は悪くても3点前後、カプセルホテルでもせいぜい2点台。ところが、編集部が興味本位で低評価施設を探していたところ、1点台前半という施設も日本各地にいくつか存在していることが判明した。果たして低評価の原因は何なのか。愛想が悪い?設備が古い?はたまた食事の問題か…。その理由を探るため、実際に編集部で身をもって体験してみた。

今回実際に宿泊してみたのは福島県の「ほりい荘」。福島県の真ん中、猪苗代湖に近い民宿街にある宿だ。近くには五色沼や磐梯山などの観光地があり、猪苗代スキー場の麓にあたる立地なので、夏は登山客、冬はスキー客などの需要があると思われる。

大手宿泊予約サイト「R社」のサイトにおける宿泊客からの評価では、5点満点中の総合評価が1.00点。R社のサイトでは評価0を付けられないため、評価1が実質的には最低評価ということになる。

項目別の評価を見てみると、立地で2.00点となっている他は全て1点台。サービス、設備・アメニティ、食事については最低評価の1.00点が付けられている。宿泊客による口コミに関してはR社のサイト上に限らず、極端に神経質な視点で書かれたようなコメントも少なくないことから、正直なところ筆者は普段あまりあてにしていない。しかし、ここまで低評価となるとさすがに心配になってくる。クチコミ欄に連なる酷評のコメントを読むたびに、怖いもの見たさにも似た感情を覚えながら宿泊日を迎えた。

当日、福島県は5月にもかかわらず予想最高気温が34度という猛暑日一歩手前の厳しい暑さとなった。筆者は朝の天気予報を見て消沈しながら新幹線で郡山駅に向かい、駅前でレンタカーを手配。「ほりい荘」のある猪苗代町へ向かった。

1 2 3 4