JAL、木製車いすを全国の空港に順次導入 2018年度までに約250台

日本航空(JAL)は、木製車いすを全国の空港に順次導入する。

福祉機器メーカーのキョウワコーポレーションと共同開発したもので、主要パーツは白樺の木を採用。留め具は樹脂とすることで完全な非金属製となり、保安検査場を車いすを利用したまま通過することができる。2011年からは、JALでは羽田空港と大分空港に竹製の車いすを導入している。

初回導入台数は80台で、2018年度までに約250台を配備する。羽田空港の国際線ターミナルは各社共通の車いすを使用する。

詳細はこちら

バリ島 Wifi 最安価格

日本-フランス行き航空券

日本-フランス行き航空券

53,534
Traicy Talk (新着投稿)
  • UANAのマイルを貯めたい!
  • UANA SFC修行2017
  • UNマイレージカードについて
  • U昔の海外旅行
  • U日系航空会社はメリットがありますか?
  • U機内食がおいしい航空会社
Traicy Talk(未回答)
  • ANAマイルを貯めるのに良いカード
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • JALマイレージバンク
  • 参考までに
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
Traicy Talk(回答有)
  • 長期滞在の持ち物(包丁、洗い物など)について
  • 韓国のテグ(Daegu)は行く価値ある?
  • フルサービスキャリアで飲み物のおかわりは注文しますか。
  • Ctripで日本国内線が安い?
  • 中国の生活水
  • 上海浦東 深夜の移動