ピクセルカンパニーズ子会社社長ら6名と法人2社、旅館業法違反で書類送検 民泊支援サービスは実際には運営者に該当

pixelcomp

ピクセルカンパニーズと子会社のハイブリッド・ファシリティーズの法人2社と、ハイブリッド・ファシリティーズ代表取締役と従業員、関係者の計6名が旅館業法違反で東京地検に、7月31日付けで書類送検された。

東京都台東区内でハイブリッド・ファシリティーズが運営支援を行っていた運営者に対する旅館業法の無許可営業疑いで、警視庁による捜索と差押えが行われていた。警視庁は、民泊運営者に対する運営支援サービスが、実際には民泊運営者に該当するとの見解から書類送検した。

すでにピクセルカンパニーズとハイブリッド・ファシリティーズは、民泊関連事業から撤退すると発表している。

■関連記事
ピクセルカンパニーズ、子会社が民泊関連事業から撤退 警視庁の捜索と差押えで

詳細はこちら

カナダ Wifi 最安価格

日本-ベトナム行き航空券

日本-ベトナム行き航空券

18,249
Traicy Talk (新着投稿)
  • UNマイレージカードについて
  • Uペナン島からオランウータンを見に行きたい
  • 大阪のNo.1たこ焼き
  • 香港と中国での旅行する時の違いはなんでしょうか。
  • 高野山見学
  • フルキャリアで乗り継ぎに失敗したらホテルは提供される?
Traicy Talk(未回答)
  • ANAマイレージクラブ
  • 参考までに
  • 雑談
  • JGC修行2017
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • 中米周遊に必要な予算は?
Traicy Talk(回答有)
  • シェムリアップ日帰り不可?
  • クルーズ船の予約方法
  • グアムのクラブ「グローブ」について
  • 海外キャッシングでおすすめクレジットカードについて
  • 出発地未定で検索できる航空券予約サイトについて
  • 死海について